アービトラージは歓迎されない

アービトラージは歓迎されない

信頼性の低いブックメーカーをアラートサイトにより、抽出の対象から外しているところもあるんですがが、ベットを情報を利用してするのは、あくまでユーザー 側の自己責任となりますので、できるだけブックメーカーの信頼性とか利便性につきましては、調べて知っとく事をお奨めします。

ベットをアラートサイトの情報などに従ってして行く事になります。
ですから、ギャンブル目的で利用を単にする場合と比較して、利用のブックメーカーの数も、必然的に多くなるのです。

安定していて古くからの老舗とか、新興でも信頼する事はできるところから、経営状態が悪かったり、その他にも出金が遅れたりして、キケンところまで、いろいろです。

大小合わせてブックメーカーの数は、2000以上あるといわれています。
アービトラージはブックメーカーにとって、歓迎されるものではありません。
ですから、規制をかけて来るブックメーカーもアービトラージと思われるベットに対しては、多々あります。
ブックメーカーをアービトラージを目的として利用の時は、アービトラージがベットを発生している双方(3Wayなら3社)にすることになりますし、その組み合わせも固定的なかんじではありません。
注意深くアラートを見ていくと、それも分かることでしょう。

単純なギャンブルで推奨されるブックメーカーとは、その点で、違いが多少出てきます。

それに、ブックメーカーのアービトラージが発生しやすい組み合わせというのも、存在をします。
しかも、その組み合わせにもアラートサイトにより特色があるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ